<   2010年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

出産日記⑦完結★

24日午前2時

分娩台の上で助産婦さん、看護師さん、助手の3人に囲まれる。

子宮口が10センチになるまでまた我慢させられるのかな?と思ってたら即いきみオッケーだったので
言われたとおりにいきむこと数回。

今まで痛くても力を入れないように我慢してた下腹部に最大限の力をかけれるので、さっきの『いきみ逃し』よりは辛くない。

ここは体力勝負!

妊娠中鍛えることの出来なかった腹筋の出番♪

正しくないところに力を入れたり叫んだりするのは無意味&逆効果なので息を長―くフーッと吐きながら頑張る。

『そうそう、上手だよ!』
と誉められテンションアップ♪

でも相当頑張ってるつもりなのに
『は―い休んで!次の陣痛まで待ってね』
の繰り返し。
疲れてきたけどまだ頑張れる!

時計を見たらもう45分もたっていた。

時々看護師さんが私の顔を冷たいタオルで拭いてくれる。
気付いたら私、超汗だく。

『もう髪の毛見えてきたよ〜!』
もう少しってこと?♪
その頃やっと先生登場。
『赤ちゃんがちょっと出てきにくいので、少し切り込みを入れますね。』

ハイハイ、わかってますッ
『会陰切開』でしょ!
私はこれに関しては元々あまり恐怖感がなかった。

少しでも早く赤ちゃんに会いたいし、すんなり出てきて欲しいので
『はい!お願いします!』
いいから早く―!

パツン♪

イイ音がしたけどその痛みは全くなかった。
『手を紙で切っちゃった程度の痛さ』
と聞いたことがあるけどそれすらなかった。
『はい!次で赤ちゃん出るよ〜♪』

ほんとに―?
とかいってまだだったりするんじゃないの?
ズルルンッ(◎o◎)

おや???

私の目の前に、産まれた赤ちゃんがかかげられた!!
赤ちゃん『ふぎゃ―!』
わっ。泣いてる!

私『ひゃ―!』
(泣かなかった)

『おめでとうございます!』

産めた…私にも産めたよ―(≧∇≦)

赤ちゃんが軽くキレイされ私の胸の上に乗っけられた。
これが『カンガルーケア』?

わぁー。ちっこい!
かわいい!信じられない!

初めまして!
お腹の中で、毎日ウニョウニョしてたのはあなただったのネ♪

その後は赤ちゃんは更にキレイにされる為に一時退場。
私の方は胎盤を出したり切開したところの処置。

縫われている時は違和感はあったけど麻酔をしてくれたので痛くはなかった。

30分後、キレイにされた赤ちゃんとずっと待っていていてくれた母も分娩室に来て写真撮影♪

はっ(-.-;)
デジカメなんて持ってくる余裕さえなかったね…私も母も。

初写真は携帯カメラで取りました(笑)

パパが居ない間に産まれちゃったね。
無事産まれたから、いいよね!

私の出産は難産なのか、安産なのか。

決めるのは本人次第らしいけど、母子手帳に書かれた分娩時間は
8時間2分。

最後のフライングから数えられているから、本陣痛と認められてからかな?

2回目までのフライングの時の痛みは前駆(微弱)陣痛だったんだろうなぁと今になると自分でも認めます。

破水してからの痛みは4時間程でしたが、ホントに壮絶でした。
それでも、その時には『赤ちゃんはこれの3倍苦しんでいる!』と言うことを常に考えていたので頑張れました。

我が子を見たら、痛さなんて忘れるよ!と言うのもよく聞きますが
今はまだ覚えています(^_^;)

とにかく、
母子共に健康でとても良かったです♪

長い長い出産日記にお付き合い下さりありがとうございます♪
[PR]
by kinokodoll | 2010-03-28 22:46 | マタニティライフ

出産日記⑥

23日午後10時15分

階段をやっとのことで上り、廊下を進むのも大変。

陣痛室へ入りベッドになだれ込みNSTを付け、子宮口をチェックしてもらうと
まだ2センチ…

助産婦さん『なかなかいい陣痛になってきてるから、うーん。朝までには産まれると思いますよ!♪』

朝 って何時?(◎o◎)

早朝4時とか
朝の10時とかいうじゃない…
あと12時間かかるかもしれないのかなぁ。

でも、入院出来たんだからもうどうにかして明日中には産ませてくれるだろうと信じ、ひたすら耐える。

24日午前00時0分

助産婦さんがチェックに来る。
子宮口5センチ!
半分まできたぁ!!

確か8センチくらいになったら分娩室に入れてくれるんじゃなかったっけ、と少し希望を持てた♪

しかしここから本当の地獄を見ることになる……
痛みの種類が変わった。
お尻の方向から痛みがやってきて腰に進み下腹部に衝撃があり力が入りそうになる。

『静かなお産』を目標にしていたのでそれまでは唸り声も叫び声もあげずにきたのに
その瞬間だけ、『ワッ』と声が出てしまうがその反動で力を入れないように逃すことができた。

これって『いきみ逃し』ってやつなんだろうか。
だとしたら、ここで力を入れてしまっては、まだ赤ちゃんが準備出来ていないのに苦しい思いをさせることになる。

そうなると、可哀想な状態で産まれてくるし準備も遅くなるはずだよねとそのままいきみ逃しを続ける。

それからの陣痛は2分間隔の後にさっきのようなビッグウエーブがあり、その直後に同じ種類のリトルウエーブが来る。

完璧に同じペースの2つの波が続けてくるので、休む暇がない。間隔はもう1分くらいしかなかったんじゃないな…その1分毎に意識がもうろうとなる。

その間の天然な母はというと、
『とっても間隔が短いのねぇ(>_<)』と心配しながらも、おやつを食べたりする(笑)

が、子宮口5センチになってからのいきみ逃しをしているときは一生懸命腰をさすってくれた。自分でも色んなところを押したりさすってみるけど全然足りないからとても助かった。

母『お尻が痛いの?なんか出そうな感じする?赤ちゃんは産まれそうな感じ?』

私『…出そうと言えばそうかも…産んだことないからわかんない…』

母『じゃあまだだわ♪』

ぷんッ

本当はそんな感じがしてたけど今まで来るのに4回もフライングしてしまったので、ここまできて積極的になれない。
助産婦さんが来るまで待ってみる。

2時間ごとに来るみたいだから次は2時だ。
あと1時間半頑張ろう!

24日午前2時

予想通り助産婦さんが来た。神に見えるか悪魔に見えるか。

助産婦さん『おぉ〜♪8センチ!んじゃ、分娩室行こっか♪』
神様だった(≧∇≦)

感激のあまり、2つの痛みの波が去った瞬間に、早歩きで隣の分娩室に行き分娩台に自力で飛び乗る。
助産婦さん『アハハ(^_^;)上手いね』

母『えっ?もう産むの??』

立ち会えるのは旦那のみなので母は私の入院する個室で待つ。

出産日記⑦へ
[PR]
by kinokodoll | 2010-03-27 23:48 | マタニティライフ

出産日記⑤

23日午後8時

残念ながら帰宅。
母『ただいまぁ〜まだまだだって帰されちゃった。あはは。』

陽気な母に『コノヤロ‐』となるところだけど、さっきの助産婦さんの言葉で心を入れ換えた私は
(そうよ、まだまだなのに大騒ぎしちゃっただけよ!)かなり前向きになれる。

母がお風呂を準備してくれたので、さっさと入る。
39℃の温い湯船につかり、ソフロロジーのリラックスの姿勢(あぐら)で30分くらい入ってたかな?
その間も、力まず痛みを逃す。
なぜか湯船の中にいる間は痛みが楽だった!気持ちの問題?
このまま遠退く?
パパが帰って来るのを待ってくれる?

と思ったけどそれはホントに湯船の中だけで身体洗うために出ると痛みが復活。
猛スピードで全身を洗う。

化粧水も付け、髪も乾かす余裕はある。

取り合えず、またベッドへ。

23日午後9時45分
ベッドで横になっていたら、最近忘れていた胎動が陣痛と一緒にある…それもかなり下の位置だなぁ

ん?

しゅぽーん♪

お腹の中でシャンパンの栓を開けられちゃったような音と感覚があり
生温いシャンパン…じゃなくて羊水が流れてきた!

念願の破水!

破水をしたら、入院決定なのでさっき行ったばかりの産院に電話するとさっきの助産婦さんが出て
『それでは入院になりますので、来てください。』

母を部屋に呼びたいが、大声が出ないので母の携帯を鳴らすと
弟が飛んできた。
母はお風呂に入ったばかりで取り合えず状態を伝えてもらい急いで上がって来てくれる。
破水の量もそんなに多くないのでそのまま着替えて行こうとするが、もう既に何分感覚かわからないくらいほぼずっと痛いのでなかなか家から出れない。

少しずつ進み『今だ!』と階段を駆け降りてまだ母も乗っていない車に乗り込む。
陣痛がない間はまだ走れるのだ。

この時間なら産院までは5分で着くかな?
しかし、家の車はハリヤー…
ちょっとした振動がもう痛みを3倍にしてくれて弟のプリウスで来るべきだったと後悔する。

そして、軽くテンパっている母は
『病院て、あの紳士服屋の向こうだよね』と今更この状態の私に道案内をさせ、

『違う!(`ε´)その手前!!信号のとこ!』

母『あっ、そうか〜』とおまけに信号無視もしながら病院へ入る…救急車じゃないのよ(T_T)

外来の終わった真っ暗な産院のインターホンを母が押してくれて、入り口を開けてもらう。

看護師さんが迎えに来てくれるけど、結局自力で歩いて階段を上らなきゃいけない(-.-;)
車椅子とかエレベーターとかないの!?(怒)

陣痛中の階段と廊下を渡るのはかれこれ4回目だけど、今までの3回はそんなこと全く気付かなかった。

それ程余裕があったのね(笑)

出産日記⑥へ
[PR]
by kinokodoll | 2010-03-26 17:07 | マタニティライフ

出産日記④

23日午後0時00分

痛くてもまだ食欲はあるのでランチに母特製ラーメンを食べる。
この時はまだ痛みの合間を利用しなんとか完食♪
(いつの食事が最後になるかわからないので、体力をつけるために毎回なるべくしっかり食べることにしてました。)

食後もベッドで過ごすが、
痛い1分→携帯でテトリス5分→痛いので中断1分→携帯テトリス5分

の繰り返しをしていても何も進展せず回復もせず、気分転換にもならないのでやめる。

家の中を歩き回ってみる。

階段を2往復してみる。

リビングでソファーに座り母と雑談をしてみるが5分置きに途切れ私は母の質問を無視する(笑)

やっぱりベッドで横になる。

もしかしたら眠れちゃうんじゃないかとチャレンジしてみるが
やっぱり無理(>_<)

23日18時

夕食は久々に食べる母の手料理、焼き魚&きんぴらごぼう&揚げだし豆腐などで嬉しくなり、
『またしっかり食べておかなきゃ♪』と食べ始める。

…痛みの合間に食べているけど全然進まない。

おや?

一口食べてモグモグしているうちに次々波がやってきてる?
飲み込むのが間に合わない。

日頃『よく噛んでゆっくり食べる』を心掛けていたけど、それどころじゃない!と懐かしの早食いをしながら痛みの間隔を計ってみる。

2分!?

なぜッ?

痛みは徐々に強くなっているけど、突然2分間隔になってビックリ。

食べれるだけ食べて、部屋に戻り産院に
『痛みが2分間隔なんですけど!』

と電話するとまた
『入院準備して来てください』と言われたので

夕食を終えたっぽい母に『病院に行きます!』とお願いし連れていってもらう。

突然の病院行きに家族の驚きと期待もアップ♪(しただろう)
2度もフライングした私でも『今度こそ♪』と思ったよ…なのに…
23日午後7時00分

その日2回目の産院。
今回はギリギリ外来もやってる時間で、待合室にいる10数名の前に進み完全な横入りで優先的に先生に内診してもらう。

…が
先生『子宮口は2センチ!まだだね〜』

ガーン

まだ?なの?

その後、NST(陣痛や赤ちゃんの動きをチェックする装置)を40分。

助産婦さん『うーん。子宮口もまだ狭いし、陣痛もまだ弱いの。
これは陣痛じゃないのよ〜』

ウソでしょ!?こんなに休む間もなく痛いのよ!

促進剤を使って産んだ経験しかない母も疑問を抱き始めたらしく
『こんなに長い間痛むもんなのですか…』と聞くが、
『痛みを本人がどうとらえるか、なんですよ。赤ちゃんが下に降りるための絶対必要な痛みなのに、お母さん(私)が力任せに痛みを我慢していると硬直して赤ちゃんは中々降りれないんです。
痛みの度に力を入れて体を強ばらせて我慢してるということはお母さん(私)がお産を進みを妨害しているの!
だから、痛くてもリラックスしてソフロロジーの呼吸法で過ごしなさい。母親学級来たでしょ?』と言われる。

この産院では〈ソフロロジー式分娩法〉を取り入れていて

陣痛=もうすぐ赤ちゃんに会える嬉しい痛み
という考え方の分娩法で〈ラマーズ法〉とは違う呼吸法。
腹式呼吸で息を長く長く吐き続けることで赤ちゃんに酸素を送り続けることで、赤ちゃんも楽に降りてきてくれる。

母が陣痛で苦しんでいる間、狭〜い産道を通って来る赤ちゃんはその3倍も痛い思いをして出てこようとしているのだそうです。

助産婦さんに言われたことで私は母親学級で習ったこのことをやっと思い出し、

あ、私は痛さのあまり赤ちゃんの事を考えるのを忘れていた。
早くこの痛みから解放されたい、早く終わらせたい、という気持ちが大きすぎた!ゴメンね赤ちゃん(>_<)

出産日記④へ
[PR]
by kinokodoll | 2010-03-25 23:05 | マタニティライフ

出産日記③

23日午前8時30分

2度目のフライングで帰宅後、先が見えなくなり心が折れそうになる。

この『前駆陣痛』ってやつは一体いつまで続くの?
1週間とか1ヶ月間続いたという人もいるけど
それは10分間隔だったり5分〜7分間隔になったりとバラバラでそのまま遠退いてしまいまた数日後やってくる、の繰り返しだそう。
このままこの痛みが遠退いてしまうならそれでいい!
もうゆっくり寝たいし痛いのイヤ!

そして、その日は旦那が1泊の出張に出掛けてしまう日。
帰って来てからまた始めようよぉ〜と前駆陣痛サンに呼び掛けるが思い通りになるはずはなく、痛みは継続する。

午前9時20分

『心配だから早めにお母さんに迎えに来てもらってね。行ってくるね!』
と、旦那が出張に出掛ける。

痛みが始まってちょうど24時間たっていた。
病院からは2度帰され、先が見えないことに絶望し始め
その上、妊娠発覚してから日々少〜しずつ
『どんな子がこのスイカみたいなお腹の中にいるのだろう?』
と約8ヶ月間一緒に親になることに実感を沸かせてきた相方も居なくなるの!?
淋しさのあまり泣く。
ソファーで横になりながら旦那を送り出す。
今日から実家で過ごすので、冷蔵庫の物を持っていけるようにチェックしたり、洗濯物の片付け等を痛みの合間5分のうちに少しずつ済ます。

午前10時30分頃
母が迎えに来てくれて10分後には実家に到着。

自宅も実家も産院も近い♪車で5分あれば着いちゃう。
(この時までは『近くていいね。』くらいにしか思ってなかったけど、数時間後にはこの短い距離にかなり感謝する)

出産日記④へ
[PR]
by kinokodoll | 2010-03-25 08:39 | マタニティライフ

出産日記②

22日夜
布団にはいってからも5分置きの痛みはやってくる。
母親学級で習った呼吸法で過ごすがほんとに痛いしきっちり5分間隔。

23日(予定日2日前)午前13時0分

もう一度産院に電話して状態を報告。
『前駆陣痛の場合は夜になると痛みが増し、また昼間は和らぐことがあるんで、朝まで様子を見てみて下さい』
と言われ、結局朝まで一睡も出来ず痛みに耐える。

6時30分
産院から
『その後どうですか?』と携帯に連絡がきた。

『変わらず痛みは増しています(T_T)』

『それでは入院準備して来てください。』
と言われ、『今度こそ!』と産院へ。

せっかくの2連休の2日目と翌日の出張に出掛ける日の早朝に産院に連続して旦那を付き合わせてしまった…
その旦那は『なんか今回も帰されそうだな~』と呟く。

そしてそれは的中し、2度目のフライング!
子宮口はまだ1cmのままだった。

『こんなに痛いのに…』
とがっかりするも
『こんな痛みじゃ済まないのか…』とちょっと恐怖を覚える。

出産日記③へ
[PR]
by kinokodoll | 2010-03-24 22:32 | マタニティライフ

出産日記①

22日月曜日(予定日3日前)の朝
トイレで『おしるし』発見!
※おしるし=産兆→赤ちゃんを包んでいた卵膜が剥がれ落ちちょっと出血すること

一瞬だけ喜ぶものの、おしるしがあったからって直ぐ産まれるとは限らないんだった!
明日かもしれないし、1週間後かもしれない、と少し冷静になる。
しばらくして気付いたら、おや?お腹痛いかも?しかも、測ってみたらきっちり5分間隔。
こりゃ産院に連絡しなきゃ♪

『あのぅ、痛みはまだ弱いと思うのですが、5分間隔でおしるしもありました!』
と電話したら
『それでは念のため朝ごはん食べてから来てください』

と言われてウキウキになる。

この日から旦那は2連休だったので、前日に珍しく朝食リクエストがあり、朝から目玉焼き定食を作ってのんびり食べる予定だった。(いつもの彼の朝食はパンをちょっぴりだけ)

でも今からキッチンを使って、破水しちゃったり突然痛みが強くなったら中途半端になっちゃうなぁと思い
旦那とコンビニに向かう。
『お腹痛いんだから、待ってなよ?』と言ってくれるけど
『動いた方がお産が進むはず♪』と言って着いていく。

サンドイッチを食べて、入院の荷物持って産院へ。

ナースステーションに行くと
『あら〜まだ余裕ありそうね〜(^_^;)』と言われる。
(今の自分でもそう思う)

内診してもらったらその時の私の子宮口はまだ1センチ。
※子宮口が10cmになったら産める

そして
『この5分間隔の痛みは弱すぎて陣痛とは言えません!
いわゆる「前駆陣痛」ね!』と言われ結局フライングで帰される。
「前駆陣痛」って確か「偽陣痛」ともいわれたりしてて、確か本陣痛に繋がる場合もあればそのまま遠退いてしまうこともあるヤツだったような…

帰ってググってみたら、やっぱりそんなものでただ痛みの間隔はバラバラだって書いてある。
私の前駆陣痛ぴったり5分間隔だけどなぁ。

『痛みがグーンと強くなったらまた連絡してね』と助産婦さんにいわれた。
痛みが弱すぎるのも本陣痛ではないってことみたい…

今日までは旦那は休みだけど明日からは1泊の出張に行ってしまう(>_<)

今日産めないなら3日後にしたい!と勝手に希望するが痛みはなくならず、少しずつ強くなり夜を迎える。

出産日記②へ続く
[PR]
by kinokodoll | 2010-03-24 21:04 | マタニティライフ

産んじゃった♪

予定日の1日前の本日2時59分 2892g 49cm の元気な男の子を出産しました!

これまで色々な方のブログやミクシー日記で『出産日記』を拝見し、本番に向けて日々イメージトレーニングや知識を溜め込んで挑みました!
おかげで冷静に出産と向き合えたのだと思います♪

私も次の記事より忘れないうちに出産日記を書き留めておきます。

これから出産を迎えられる方達の少しでも参考になればと思うので、グロいことも書いちゃいます。
なので、そうゆうのが苦手な方は読まないでね!
[PR]
by kinokodoll | 2010-03-24 16:47 | マタニティライフ

39週5日★前駆陣痛

夜中はトイレに5回も起きて、お腹はパンパンだしちょっと痛いなぁーと思っていたけど
1週間前からちょっとお腹を壊しぎみなのでその痛みなのだっと自己解釈する。

今朝6・30におしるしを発見!
一瞬「わーい!」と思ったけど、
「いや待てよ。おしるしが来たからといって1週間産れないこともあるらしい」
と思い出して、冷静になる。

お腹を壊したときのような波が7分間隔で訪れていて
1時間くらい計っていたら5分間隔になっていたので
「おやおや?陣痛かい?」とわくわくして旦那に伝える。
冷静な私を見て、旦那も冷静に布団の中でDSを始める。

ほんとに、みんなが言う「生理痛みたいな痛み」です。

間隔は5分だけど痛みが弱い。こんなのじゃぁ、きっと先は長いなぁと初産の癖に予測して
念のため産院に電話したら
「近いならちょっと来てみて!」と言ってくれたので
旦那を起こして産院へ。

先週水曜日の健診で閉鎖していた子宮口は開いていたけどたったの1センチ。
赤ちゃんの頭はそんなに高くないけど・・・・まだだよね。
NSTもしたけど、5分間隔の痛みのときににちょっと張るくらい。
「いわゆる、前駆陣痛です♪」と看護師さんに笑顔で言われ
予想通り帰されちゃって、今も5分間隔の痛みを感じつつ自宅待機でーす。

旦那は明日から出張なんです。
こんなときに出張だなんて(笑)

とりあえず明日から私は実家へ帰りマース。



ランキング参加中♪ポチっと押してください♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手芸材料・用品へ
b0137900_163488.gif
←きのこが買えるよー
[PR]
by kinokodoll | 2010-03-22 11:18 | マタニティライフ

臨月健診③

38W6D 
臨月の第3回目の健診にもフツーに行ってしまいました。
来週、第4回目の健診に行くとなると予定日超過の可能性が・・・
健診の補助券はあとちょうど残り1枚あるんだけどね。

今日は
ベビちゃん体重→2720g
NST→前回よりは張りが見られたが、ほんのちょっと。
エコー→問題なし 体の左右が久々に逆になっていた(どおりで昨晩は胎動が凄すぎて眠れなかった)
内診→子宮口閉鎖!! 
「まだまだ産れないねぇ~」 と、優しく言われましたemoticon-0101-sadsmile.gifちぇっ

おなかの調子が悪くなってから4日目のせいか、私の体重は0.5キロくらい減っていました。
過度の増量よりはずっといいけど、少し心配されました。 「何か変なもの食べた?」と。
暴飲暴食しているわけでもなく、特に気を使っているわけでもない。
貧血に数値がずっとぎりぎりだから、鉄分は野菜などで取るように心がけているくらい。

なので、ここ数日は変な感じでおなかが痛くて
「これが前駆陣痛!?」そして、このまま本陣痛に繋がる?? 
といろんな考えが浮かんだりしていました。
多分、ただおなかの調子が悪いだけみたい。

「早く産れないかなぁ」と思う反面、こうしてゆっくりパソコンに向かっていると、
「こんなのんびりな毎日が来るのは次は何年後?」と思う気持ちになるときも(笑)

次はどんな報告になるかな?
ランキング参加中♪ポチっと押してください♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手芸材料・用品へ
b0137900_163488.gif
←きのこが買えるよー
[PR]
by kinokodoll | 2010-03-17 15:31 | マタニティライフ


2010年3月24日に第一子『たけちゃん』のママになりました♪育児の合間に、雑貨のオンラインショップを立ち上げました。お気軽にコメントくださいネ!


by kinokodoll

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
育児
マタニティライフ
きのこ・ヘンプ

日々
マラソン
新居
くだらないこと
おいしい
2005年オーストラリアワーホリ
雑貨
ハンドメイド
マスキングテープ
イベント

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

海外

ファン

ブログジャンル

画像一覧